Pythonで機械学習を学びたいならプログラミングスクールはコレ!

転職
スポンサーリンク

プログラミングスクール選びは、たくさんあって正直どれがいいのか迷いますよね。
料金はもちろん、カリキュラムやサポート内容もスクールによって異なるので比較が難しいです。

僕はプログラミングスクール選びについて、スマホや家電選びと一緒で、目的や現在の生活スタイル、将来の計画などに合わせて、自分自身に最適なところを選択することがベストであると考えています。

 
本記事で紹介するAidemy(アイデミー)は、Pythonで機械学習を学びたいなら、一番おすすめしたいプログラミングスクールです。
なぜおすすめしたいのか、エンジニア歴20年の現役エンジニア目線から見たポイントや注意点について解説します。

Pythonで機械学習を学びたいならAidemy

Pythonで機械学習を学びたいならAidemyをおすすめしたいポイントは、以下の3点です。

  • 機械学習のジャンルを選択できる
  • 複雑な開発環境を作る必要がない
  • 国から学費が最大70%サポートされる

機械学習のジャンルを選択できる

機械学習には、その中にジャンルがあるのはご存知でしょうか。
例えば以下のようなものです。

  • 画像認識:画像を認識して、人間には見えない問題点を見つけ出す
  • 音声認識:音声を認識して、ロボットと話をする
  • 自然言語処理:テキストを認識して、AIとチャットをする
  • データ分析(予測):過去の大量データを分析して未来予測を行う

これらのジャンルはプログラミングの方法が異なるので、それぞれで学習が必要になります。

多くのプログラミングスクールの機械学習コースは、これらの一部分を学習するカリキュラムになっています。
そのため、学習内容が浅くなってしまったり、自分には不要な内容まで学習することになってしまう場合があります。

 

Aidemyでは、それぞれのジャンルに特化したコースが用意されています。

  • AIアプリ開発コース:画像認識を利用したWebサービスを作成する
  • データ分析コース:データを自動取得して時系列解析を行う
  • 自然言語処理コース:自然言語処理方法を学び機械翻訳や自動要約を行う

それぞれのコースで重複する学習内容もありますが、1つのジャンルを深く学習できる内容となっています。

 

学習の目的が、

  • YouTubeの動画を解析して新たなサービスを作りたいならAIアプリ開発コース
  • 自社商品をレコメンドして売上を上げたいならデータ分析コース
  • AIチャットボットを作りたいなら自然言語処理コース

という感じで、自分にとって必要な学習を選択できるのがいいですね。

複雑な開発環境を作る必要がない

Pythonで機械学習のプログラミングをする場合は、多くのライブラリを組み合わせて開発することになります。
(ライブラリとは別の会社や人が作った便利なツールのようなものです)

このライブラリが、PCの環境によってはうまくインストールできなかったり、組み合わせ方によってうまく動かないなどの現象がよく発生します。
僕も学習のために環境を作りましたが、かなり苦労した記憶があります。

経験のあるエンジニアでも苦労する状況なので、初心者には大きな壁で、学習する前に諦めてしまう人もいるそうです。

 

Aidemyでは、最初から一式が構築された環境が用意されています。
受講生にはこの環境が渡されるので、自分のPCに複雑なインストール作業を行う必要はありません。
(ブラウザ上でプログラミングができるクラウド環境のようなもの用意されています)

 

また、画像解析やデータ分析は、データ量が多く、処理が複雑なので、実行するPCも高スペックを求められます。
Aidemyではクラウド上のリソースを使って処理を行いますので、自分のPCのスペックは低くても心配ありません。

すぐに学習が始められて、サクサク動く環境だと学習しやすいですよね。

国から学費が最大70%サポートされる

Aidemyの「AIアプリ開発コース」「データ分析コース」「自然言語処理コース」は、厚生労働省の教育訓練給付制度を活用することができます。
制度の詳細についてはこちらのPDFをご覧いただければと思いますが、ざっくり説明すると「最先端の技術を学ぶ人には国が補助金を出します」という制度になります。

この制度を利用すると、受講料の最大70%が支給されます。
つまり3ヶ月プランの場合は、自己負担額が48万円から14.4万円になります。

 
現在在職中でも支給可能ですし、離職中でも条件によっては支給可能なので、自分が当てはまるかどうかご確認いただきたいと思います。

機械学習のプログラミングスクールは、専門性が高いので受講料が高いのですが、補助金が出るのはありがたいですね。

Aidemyの注意すべきポイント

ここまで良い点ばかり紹介してきましたので、悪い点も気になっていると思います。
もちろん悪い点についても、エンジニア目線でみたときの注意点として、1点だけお伝えします。

  • 受講期間(学習期間)が短い

受講期間(学習期間)が短い

Aidemyの料金プランは、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月が用意されています。
それぞれの料金と学習の目安時間は以下のようになっています。

3ヶ月プラン6ヶ月プラン9ヶ月プラン
料金528,000円(税込)858,000円(税込)1,078,000円(税込)
学習目安時間
  • 初心者:14~23h
  • エンジニア:7~11.5h
  • 初心者:9~16h
  • エンジニア:4.5~8h
※複数コースを学習したり、より内容を深めたい方向け

機械学習のプログラミングは、様々な問題の解き方があるので、学習にも時間がかかります。
そして、多くの問題を解いていくことで、パターンが見えてきたり、コツをつかむことができます。

そのため、たくさん手を動かして問題を解くことが理解を深めるポイントとなります。
3ヶ月だと問題を解く数が少なくなってしまうので、やや不足感があると僕は感じています。

 

対策としては、教材の学習のほかに、自分で問題を見つけて解いてみることをおすすめします。
そして、わからないことがあれば講師に聞いて、受講期間内にできる限り多くの問題を解く経験を積んでもらいたいと思います。

講師も機械学習に精通した方たちなので、理解の深め方を聞いたり、問題を解くコツを聞くなどうまく活用したいですね。

まとめ

Aidemyをおすすめしたいポイントをまとめると以下のとおりです。

  • 機械学習のジャンルを選択できる
  • 複雑な開発環境を作る必要がない
  • 国から学費が最大70%サポートされる

 
機械学習をジャンルごとに深く教えてくれるプログラミングスクールは他にないと思います。

機械学習はこれからの注目分野として、エンジニアの需要も高くなっています。
それにともなってエンジニアの中でも、年収がトップレベルの分野になっています。

 

機械学習を使って、自分の手で未来を予測できたらワクワクしますよね。
機械学習を活用したロボットを作って、困っている人を助けられたら嬉しいですよね。

3ヶ月間でまずは自分の未来を変えてみませんか。

>> Aidemy オンライン無料相談会に申し込む

コメント

タイトルとURLをコピーしました