Go

プログラミング

Goの絶対値(abs)の計算方法と注意点

値が0からどれだけ離れているかの距離を表す絶対値は、GoではmathパッケージのAbs関数で求めることができます。 絶対値は数学では複素数における計算等に使われますが、Goにおいても計算は出来るものの少し注意が必要な点もあります。 本記事では、Goにおける絶対値の求め方と注意点について解説します。
プログラミング

Goの外部コマンド実行方法のまとめ

プログラムからOSのコマンドを実行することによって、プログラムでは複雑になってしまう処理を簡単に行うことが出来ることもあります。 多くのプログラミング言語には、外部コマンドを実行するための機能が備わっています。 本記事では、Go言語のコマンド実行について解説します。
プログラミング

Goのビット演算

ビット演算は、昔はメモリ領域の節約のために用いられる手法でしたが、最近ではメモリも潤沢にあるので、使う機会も減りました。 ですが、使いどころによっては様々な状態を表す演算として有用となりますので、いつでも使えるようにしておくことが望ましい機能です。 本記事では、Goにおけるビット演算について解説します。
スポンサーリンク
プログラミング

GoのYAML操作

YAMLは設定ファイルや外部のAPIや他システムと連携する際のデータフォーマットとしてよく用いられるフォーマットです。 プログラム内では受け取ったYAMLデータをシステム内に取り込んだり、出力したりするなどのYAMLデータの操作を行います。 本記事では、GoにおけるYAMLデータの操作についてまとめます。
プログラミング

Goのexcelizeを使ってエクセル操作を行う方法

Goではエクセルファイルを操作して、データを集計したり、帳票を作ったりすることができます。 これまでエクセルのマクロで行っていたような操作をGoを使って行うことが可能になります。 本記事では、Goのexcelizeを使ったエクセルファイルの操作方法について解説します。
プログラミング

Goの無名関数とクロージャ

プログラムはできるだけシンプルに分かりやすく記述することで、バグや認識違いを少なくすることができます。 Goの無名関数とクロージャは、プログラムの見通しを高めてくれる手法の1つです。 本記事では、Goの無名関数について解説します。
プログラミング

Goのコマンドライン引数

GoはクロスコンパイルによってマルチOSで動作可能なことから、OSに依存しないコマンドラインインタフェース(CLI)を使ったアプリケーション開発に用いられることがあります。 Goには様々なオプションや引数を解析するための機能が標準で提供されています。 本記事では、Goのコマンドライン引数の解析方法について解説します。
プログラミング

プログラミング言語のマルチスレッド処理まとめ

多くのプログラミング言語ではマルチスレッド処理を行うための機能が標準で提供されています。 本記事では、Python、Java、Ruby、Goのマルチスレッド処理についてまとめます。
プログラミング

Goのマルチスレッド処理【プログラミング初心者向け教材】

Goではマルチスレッド処理を行うための機能が標準で提供されています。 本記事では、Goのマルチスレッド処理について解説します。
プログラミング

プログラミング言語の正規表現まとめ

複雑なルールによる入力チェックや置換処理に正規表現を用いるとシンプルな記述で実現することができます。 一方で正規表現は記述方法のルールがたくさんあり、覚えるのが困難ということもあります。 本記事では、JavaScript、Python、Java、Ruby、Goの各言語の正規表現について、よく使われる操作や記述方法についてまとめます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました