副業エンジニアのスタートは『テストエンジニア』がオススメな理由5選

副業
スポンサーリンク

エンジニアの副業を始めたいけど、プログラミングはまだ勉強中で自信がないから他にできることがないか、と考えている方はいないでしょうか。

僕自身も学生時代にプログラミングを学習しながら、エンジニアとして関われるアルバイトを探していました。

当時の僕はうまく見つけることができなかったのですが、そんな方におすすめなのが『テストエンジニア』です。

本記事では、エンジニア副業のスタートになぜテストエンジニアがおすすめなのかを解説します。

プログラミングはまだハードルが高いと考えている方は、ぜひテストエンジニアから挑戦してもらいと思います。

副業エンジニアのスタートは『テストエンジニア』がオススメな理由5選

本記事では以下の内容について解説します。

  • テストエンジニアとは
  • テストエンジニアがおすすめな理由5選
  • テストエンジニアの案件内容
  • テストエンジニアになる案件の探し方

テストエンジニアとは

テストエンジニアとは、その名の通りですがテストに関する業務を専門に行うエンジニアです。
QAエンジニア(quality assurance engineer)とも呼ばれます。

業務の内容は、主に以下となります。

➀テスト計画(どんなテストをしたらよいのかを検討する)
➁テストケース作成(テストする内容を書き出す)
➂テストの実施
➃テスト結果の評価
➄エンジニアへ結果をフィードバック

これらの内容を様々なテストの種類に応じて行っていきます。

副業として携わるエンジニアであれば、主に➁と➂を中心に行うことが多くなります。

テストエンジニアがおすすめな理由5選

副業エンジニアのスタートはテストエンジニアがおすすめな理由は以下の5つです。

  • 未経験やブランクがあっても採用されやすい
  • プログラミングのスキルは不要でテストを通して学ぶこともできる
  • ほとんどの案件で時間で仕事の区切りがある
  • システム開発に注意すべき点を学ぶことができる
  • フルリモート可能な案件が多い

順番に解説していきます。

未経験やブランクがあっても採用されやすい

副業としてのテストエンジニアの業務の多くは、実際にアプリケーションを動かしてテストを行うことになります。
アプリケーションは、未経験者でも使えるように作ることが求められます。

ですので、未経験やブランクがあっても、テストを実施することが可能となり採用されやすくなります。

発注する側からすると、

  • 誰でも操作することができるか検証してもらいたい
  • 様々な人にテストしてもらいたい

という想いがあります。

普通の人が行わないような操作をする、などの個性的なアイディアをもった方のほうが向いていると言えるかもしれません。

プログラミングのスキルは不要でテストを通して学ぶこともできる

テスト方法の多くは、Webブラウザやスマホを使って動かしながら行っていきます。
ですので、基本的にはプログラミングは必要とせず、スキルも不要です。

また、手動操作では実施できないようなテストを行う場合には、専用のツールを用いて実施することもあります。

テスト内容によっては、ツールにテスト条件などを設定するだけで実施可能なものもあります。
複雑な条件の場合には、簡易的なプログラムを書くことでテストを行う場合もあります。

このようなテストのためのプログラミングを通じて、スキルを身につけることができるのもメリットの1つです。

実際のアプリケーションの中に入るプログラムではありませんから、気楽に実施できますし、不具合があっても大事にはなりませんから安心して作業ができます。

ほとんどの案件で時間で仕事の区切りがある

プログラミングの案件では、プログラムが正しく動作する時点を案件の完了とすることがあります。
この場合、固定報酬でプログラミングに時間がかかってしまうと、相対的に時給が下がってしまうことになります。

一方、テスト実施案件では、予めテスト実施数や実施する時間数が決まっていることが多いです。
その理由は、テストの実施は無限にパターンがあり、いくらでも実施可能だからです。

テストの条件を少しずつ変化させることで、いくらでもテストパターンを作り出すことができます。
ただ、その多くは意味のないテストになりますので、時間で完了とする区切りを設けたり、予め決められたテストのみを実施する方法で行われます。

ですので、テストエンジニアは時間に限りがある副業エンジニアには向いている作業とも言えます。

システム開発に注意すべき点を学ぶことができる

テストを実施すると、様々な不具合が発見され、分析するとパターンが見えてくることがあります。
例えば、

  • 入力値のチェックで不具合が多く発見されている
  • 特定の記号を入力すると、不具合が発見されやすい
  • ブラウザの戻るボタンを使うと、必ず不具合になる

などです。

これらのパターンは、自分がプログラミングをする際に注意すべき点となります。
他のプログラマの失敗から学び、自分を成長させることができるのもテストエンジニアならではとなります。

フルリモート可能な案件が多い

テストの実施は、単独で行う作業が多く、特殊な環境も不要なので、リモートで行いやすい作業となります。
また、基本的に時間の制約もないので、いつ作業をしてもよいフルリモート案件であることが多いです。

週末のみ働きたい場合や、本業終了後の夜に作業を行いたい場合などに向いている案件が多く募集されています。

テストエンジニアの案件内容

ここまでの内容で、実際に募集されている案件内容が気になった方もいると思いますので、2つほど紹介します。

初心者向けの案件

まずは初心者向けの案件です。(内容抜粋)

スマートフォン向けアプリ・Webサイトなどのテスト・デバッグ業務
こちらで用意したチェックシートに従い、動作確認してバグ(不具合)を見つけて頂きます。

予算としては、時給換算で最低1,050円〜1,300円程度を想定しております。

【必須スキル・経験】
・パソコンやスマートフォン操作に問題のない方(報告のために文章作成や画面キャプチャー等の操作をして頂きます)

フルリモートで、あらかじめ用意されたチェックシートに従ってテストを実施する案件です。
必須スキルとしてプログラミングはなく、パソコン・スマホが使える方であれば誰でも実施可能です。

時給はやや低めではりますが、上限報酬が5万円となっていました。

中級者向けの案件

次は、不具合を見つけると報酬が増えていく中級者向けの案件です。(内容抜粋)

弊社が開発しているWindowsソフトのテストをお願いいたします。

【 実施頂く内容 】
・テスト方針に従いテスト項目を作成する
・不具合が出た場合は再現手順を記録する

【 報酬 】
実働35時間
1.5万円+再現できる不具合件数の出来高払い(1不具合につき2,000円)上限8万円。

実働が35時間なので、土日のみの実施だと1日8時間を2週使って行うイメージとなります。
不具合発見が0件だと1.5万円なので単価は低めですが、不具合発見のたびに2,000円アップしていきます。

テストエンジニアになる案件の探し方

副業でテストエンジニアを目指す最大のデメリットは、案件数が少ないことです。
ですので、案件の探し方についても紹介します。

クラウドワークスでの探し方

クラウドワークスでもテストエンジニアの募集が行われています。
比較的案件数は多めではありますが、競争率が高いです。

探し方としては、カテゴリの中から

システム開発 > 保守・運用・更新 > テスト・検証・デバッグ

とたどっていきます。
>> クラウドワークス

競争率が高いので、見つけたらすぐに応募することをおすすめします。

副業エージェントでの探し方

以下のような副業エージェントでも募集が行われています。
案件数は少なめなので、タイミングによっては見つからないこともあります。

>> Workship(ワークシップ)
>> シュウマツワーカー
>> Another works

探し方は、案件一覧のフリーワード検索に以下の内容を入れてみてください。

  • テスター
  • デバッグ
  • QA

うまく見つからない場合は、エージェントに相談してみてもよいと思います。
一覧に掲載されていない案件も紹介してくれます。

まとめ

テストエンジニアは、エンジニアとして副業を始めやすい仕事の1つです。
その理由として、以下の5つを紹介しました。

  • 未経験やブランクがあっても採用されやすい
  • プログラミングのスキルは不要でテストを通して学ぶこともできる
  • ほとんどの案件で時間で仕事の区切りがある
  • システム開発に注意すべき点を学ぶことができる
  • フルリモート可能な案件が多い

タイミングによっては案件を見つけるのがやや難しいかもしれませんが、ぜひ挑戦してもらいと思います。

 

今回は、副業エンジニアのスタートはテストエンジニアがおすすめな理由5選について解説しました。

以上、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました