【プログラミング副業】未経験でも稼げる理由と手順

副業
スポンサーリンク

プログラミング未経験者が副業で稼ぎたいと思った時にこんな悩みが出てくると思います。

会社で副業が解禁されたので、プログラミングを始めたいと思うが未経験でも稼げるのか

未経験から稼げるまでにどれくらい期間がかかるものなのか

年齢的に30代、40代からプログラミングを始めても問題ないのか

上記の悩みの結論を先に申し上げますと、

  • 未経験からでも稼ぐことはできる
  • 未経験から稼げるようになるまでは、最低3ヶ月~6ヶ月は必要
  • 30代、40代から始めても問題なし

です。

以下、これらの理由と、稼げるようになるまでの手順について解説します。

未経験者でも稼げるようになる理由

理由1:プログラミングは才能ではなくスキル

プログラミングは才能ではなく、スキルなのです。

つまり生まれ持ったものではなく、努力次第で身につけることができるスキルです。

今、プログラミングで稼いでいる人も、誰もが最初は未経験者でした。

2018年に総務省が行った調査によると、副業を行っている人は、260万人以上いるそうです。
>> 平成29年就業構造基本調査より

もちろんすべての方がプログラミングをしているわけではありませんが、最近はさらに増えていますし、これだけの人が出来ているなら、自分にも出来ないわけがないと思いますよね。

理由2:安定的に稼ぐには基礎スキルが必要

稼ぐためには案件を獲得する必要があります。

案件には要件・ゴールがあり、ゴールに到達するまでには様々なスキルが必要となります。

つまり、ある程度ゴールを見通すことのできるスキルを持ち合わせていないと、スタート地点にすら立つことができないということです。

プログラミング経験者だと案件の要件を確認した段階で、「こうすれば解決できそうだ」とか「この方法とあの方法がありそう」とか、ゴールまでの道をいくつか見通すことができます。

案件を獲得が出来るかどうかは、ゴールまでの道筋を提案出来るかどうかに大きく左右されます。

プログラミング未経験者には、基礎スキルがないために解決手段を提案することすら出来ないという状況です。

この基礎スキルを比較的短時間で身につけることが出来るのが、プログラミングスクールです。

多くのプログラミングスクールでは、コース形式になっており、修了するまでに概ね3ヶ月~6ヶ月程度がかかります。

よく「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えるべきだ」と言われますが、この釣り方を教えてくれるのがプログラミングスクールです。

理由3:プログラミングができるエンジニア不足

10年ほど前は「プログラマ35歳定年説」というものがありました。

35歳になると体力的にも、新しい知識を覚えることも厳しくなるとのことから生まれた言葉でした。

しかし、この10年で時代は一変し、人生100年時代、年齢に縛られず多種多様な働き方が求められる時代となりました。

そして、プログラミングができるエンジニア不足が様々な企業で発生しています。

2019年に経済産業省が公表したデータによると、2030年には最大78.7万人ものIT人材が不足するとの結果でした。
>> IT人材需給に関する調査

小学校でもプログラミングが必修科目となり、日本人のすべてがプログラミングを学ぶ時代です。

30代、40代から始めても遅いはずがありません。

むしろ今のうちに始めておけば、50代、60代になっても生活費を稼ぐことのできるスキルになると考えています。

未経験から稼ぐまでの手順

大きく以下の手順で行っていきます。

  • ➀身につける基礎スキルのターゲットを絞る
  • ➁プログラミングスクールで学習する
  • ➂クラウドソーシングに登録する
  • ④案件を獲得する
  • ⑤(さらに稼ぎたい方は)企業の副業案件を獲得する

以下、解説していきます。

➀身につける基礎スキルのターゲットを絞る

基礎スキルといっても幅広いので、ある程度範囲を決める必要があります。

具体的には学習するプログラミング言語を決める必要があります。

案件数の多さで判断するのであれば、サイト構築案件(HTML、CSS、JavaScript)やPythonを使った案件が、最近は比較的多くあります。

途中で路線変更は可能ですし、悩んでいる時間の方がもったいないので、あまり時間をかけて検討する必要はないかと思います。

どうしても決められないということであれば、プログラミングスクールには無料体験や無料相談もありますので、活用してみると良いと思います。

➁プログラミングスクールで学習する

プログラミングスクールを活用して、ひたすら学習します。

最近はオンラインで学習できるスクールも増えてきましたので、学習しやすい環境が整っています。

僕がおすすめするスクールも紹介しておきますので、興味があれば覗いてみてください。
無料体験があり、様々なコースが選択できるスクールです。
>> 自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】

➂クラウドソーシングに登録する

案件の獲得方法はいくつかありますが、最初はクラウドソーシングサイトが始めやすいと思います。

まずはサイトに登録する必要があります。僕がおすすめするクラウドソーシングサイトも紹介しておきます。
>> クラウドワークス
>> ランサーズ

④案件を獲得する

登録が完了したら、獲得したい案件を検索して、提案を行います。

ほとんどの案件では、提案者がたくさんいるので取り合いとなります。

無理な条件で獲得する必要はないかと思いますが、受注件数が少ないとどうしても不利になりがちですので、根気強くたくさん提案してください。

⑤(さらに稼ぎたい方は)企業の副業案件を獲得する

クラウドソーシングは手軽ではありますが、単価が低いのが欠点でもあります。

ある程度案件に慣れてきたら、企業が募集する副業案件を行ってみるというのもありです。

こちらは、企業の開発チームに加わって、ある程度大きなシステムの一部を担当することになるので、やや難易度は高めです。

ただ、その分単価は高いので、副業として稼ぎたい方にはおすすめです。

週1日だけとか、週末だけという働きかたも可能です。

そのような案件を紹介しているエージェントを紹介しておきます。
>>Workship(ワークシップ)

悩んでいるならまず行動を

どうしようかと悩んでいるのであれば、まずは無料の範囲で出来ることから行動することをおすすめします。

プログラミングも無料で学べるサイトも増えてきました。

プログラミングスクールでも無料カウンセリングや無料体験がたくさんあります。

まずはそうしたところから始めて、続けられそうであれば、お金を出して本格的に始めるというのもアリだと思います。

最近は多くの企業が副業を解禁し、ライバルもどんどん増えてきました。

早く始めて早く顧客を獲得するというのは、マーケティングの観点でも重要なことです。

 

僕は誰もがプログラミングが出来るようになって、みんながより豊かな生活を送れる日が来ると良いなぁと考えています。

以上、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました