Pythonの副業案件を最速で獲得する方法

副業
スポンサーリンク

Pythonを使った副業案件が流行っていますね。

これからプログラミングで稼ぎたいと考えている方は、Pythonの案件を探している方も多いのではないでしょうか。

一方で最速で稼ぐためにはどのような手順で進めるのが良いか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

初めての方におすすめしたいのは、Pythonを使ったWebスクレイピング案件です。

本記事では、Pythonを使って最速で稼ぐためのWebスクレイピング案件を獲得するまでの手順について解説します。

Pythonの副業案件を最速で獲得する方法

Pythonを使ったWebスクレイピング案件獲得する方法として、以下の内容を解説します。

  • Webスクレイピング案件をおすすめする理由
  • Webスクレイピング案件を獲得に必要となるスキル
  • Webスクレイピング案件を獲得する手順

Webスクレイピング案件をおすすめする理由

最速でPythonの案件獲得に、Webスクレイピング案件をおすすめしたいのは以下の理由です。

  • 必要となる技術領域が多くない
  • 案件数が少なくない
  • 単価が比較的高い

必要となる技術領域が多くない

おすすめしたい一番の理由は、必要となる技術領域が多くないことです。

Pythonを扱う他の案件は、機械学習やWebサービス開発といったPythonの言語理解の他に、数学の知識やWebの知識、フレームワークの知識など多岐に渡る技術が必要となります。
一方でWebスクレイピングは取り扱う技術は比較的少なくてすむので、初心者の方には早く稼ぐところまで到達することができます。

また、機械学習やWebサービスは作るものによって、実装方法が異なること多く、使い回しが難しいことがあります。
一方でWebスクレイピングは、実装方法がほとんど決まった形になるので、使い回しをすることができます。

案件数が少なくない

Webスクレイピングの案件数は、機械学習やWebサービス開発に比べると少ないですが、クラウドソーシングでは常に募集が行われています。

Webスクレイピング案件の多くは、プログラミング言語の指定がない案件も多いので、Pythonを使うことで案件の幅を拡げることもできます。

ただし、競争率は高めなので対策は必要になります。

単価が比較的高い

クラウドソーシングの案件は、単価が低くなりがちですが、Webスクレイピング案件は比較的高めです。

ただし、今後下がっていく可能性はあるので、高めの案件を獲得できるように機械学習やWebサービス開発関連の学習を進めていく必要はあります。

Webスクレイピング案件を獲得に必要となるスキル

Webスクレイピング案件を獲得に必要となるスキルは大きく、以下の3つです。

  • Pythonでスクレイピング対象となるHTMLを取得するスキル
  • HTMLを解析するスキル
  • Excelやスプレッドシートに集計するスキル

Pythonでスクレイピング対象となるHTMLを取得するスキル

まずは、Pythonを使って対象となるWebサイトからHTMLを取得します。

ブラウザでアクセスする仕組みをPythonで行うイメージですが、簡単にできるライブラリもあります。

また、取得方法はほとんど決まった形なので、案件に応じて作り変えることがあまりないのも特徴の1つです。

HTMLを解析するスキル

取得したHTMLから目的とする情報を抜き出すための解析処理を行います。

解析にはHTMLタグの構造を理解し、プログラムに落とし込みます。

この部分は案件ごとに変わり、規則的に並んでいる情報からどのようにしてプログラムで取得するかを考える必要があります。

Excelやスプレッドシートに集計するスキル

案件にもよりますが、多くの場合は集計するためにExcelやスプレッドシートへ情報を入れていきます。

PythonからExcelやスプレッドシートを扱うための技術が必要となります。

こちらもある程度決まった形なので、1回出来上がると使い回しが出来る要素になります。

Webスクレイピング案件を獲得する手順

Webスクレイピング案件を獲得するには、必要となるスキルから大きく以下の3つの工程となります。

  • ➀Pythonの基礎文法の理解
  • ➁HTMLの構造の理解
  • ➂Excelやスプレッドシートの操作方法の理解

➀Pythonの基礎文法の理解

まずは、Pythonの基礎文法を理解する必要があります。

最速で学ぶためには、プログラミングスクールがおすすめです。

独学でも可能ではありますが、問題が発生した際に解決することが出来ず、時間がかかってしまいます。

プログラミングスクールであれば、講師やメンターが解決方法を教えてくれますので、時間を無駄にすることがなくなります。

プログラミングスクールはどこでも構いませんが、Python専門のコースがあるところが良いです。
僕のおすすめは、テックアカデミーのPythonコース4週間プランです。
>> テックアカデミー Pythonコース

開発環境を整えて、基礎文法が理解できれば一旦OKです。

➁HTMLの構造の理解

HTMLを解析するためには、タグの構造を理解する必要があります。

ただ、タグの使い方はサイトによって違いますので、勉強するよりは経験を積んだほうが早いです。

ですので、➀の学習が完了したら、まずは色んなサイトのHTMLをファイルに保存して、それを読み込んで解析してみることをおすすめします。

➂Excelやスプレッドシートの操作方法の理解

PythonからExcelやスプレッドシートを扱うには、専用のライブラリを使って行います。

ライブラリの使い方の部分は、調べるなどして勉強する必要がありますが、丁寧に解説してくれているサイトもたくさんあります。

Excelの操作方法については、当サイトの以下の記事でも解説していますので、よろしければご参照ください。

Pythonのエクセル操作
Pythonではエクセルファイルを操作して、データを集計したり、帳票を作ったりすることができます。 プログラム化することで、業務の効率化や自動化にも役立てることができます。 本記事では、Pythonを使ったエクセルファイルの操作方法について解説します。

まとめ

Pythonの副業案件を最速で獲得するには、Webスクレイピングを学習することをおすすめします。

学習手順は以下の通りです。

  • ➀Pythonの基礎文法の理解
  • ➁HTMLの構造の理解
  • ➂Excelやスプレッドシートの操作方法の理解

Webスクレイピングは競争率の高いので、案件獲得後も学習を継続し、機械学習やWebサービス開発分野へ移行していくことがおすすめです。

 

今回は、Pythonの副業案件を最速で獲得する方法について解説しました。

以上、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました