副業を始めたい方向けのおすすめプログラミングスクールはこれだ!

副業
スポンサーリンク

プログラミングスクール選びは、たくさんあって正直どれがいいのか迷いますよね。
料金はもちろん、カリキュラムやサポート内容もそれぞれのスクールによって異なります。

僕はプログラミングスクール選びについて、スマホや家電選びと一緒で、目的や用途、生活スタイルなどに合わせて自分自身に最適なものを選択することがベストであると考えています。

 
本記事で紹介するテックアカデミーは、副業を始めたい方に一番おすすめしたいプログラミングスクールです。
なぜおすすめしたいのか、エンジニア歴20年の現役エンジニア目線から見たポイントや注意点について解説します。

副業を始めたい方におすすめしたいテックアカデミー

僕が副業を始めるのにテックアカデミーをおすすめしたいポイントは、以下の3点です。

  • 副業に直結する学習コースが用意されている
  • 一からオリジナルアプリケーションを作る工程が経験できる
  • 料金のコスパがよい

副業に直結する学習コースが用意されている

プログラミングの副業は、扱う分野によって必要となるスキルが異なります。
例えば、クラウドワークスで募集されている案件には、以下のようなスキルが必要となります。

  • Web制作:Wordpress、HTML、CSS、PHPなど
  • スマホアプリ開発:Swift、Xcode、Kotlin、Android Studio、API連携など
  • Web開発:フロントエンド(Vue.jsやBootstrap)、バックエンド(Ruby on Rails、Laravel)、データベース

 
テックアカデミーでは、これらの技術を網羅する学習コースが用意されています。
上記の案件に対応する形で、以下の学習コースがあります。

  • Web制作:Wordpressコース
  • スマホアプリ開発:iPhoneアプリコース、Androidアプリコース
  • Web開発:Webアプリケーション+フロントエンドセットコース

 
上記以外の副業においても、スキルアップに最適なコースが用意されています。

  • Webコンサル案件なら、Webディレクション+Webマーケティングセットコース
  • AI開発案件なら、Python+AIセットコース
  • 動画編集案件なら、動画編集コース

効率よく学習して、早く稼ぎたい副業に向いている点がおすすめしたいポイントです。

一からオリジナルアプリケーションを作る工程が経験できる

カリキュラムの多くには、オリジナルアプリケーションを制作する工程があります。

エンジニアの経験から、実はアプリケーション作成において一番大変なのは、最初の環境を作って動かすまでのベース作りなのです。
環境を作るために様々なライブラリを用意したり、アプリケーションの設定を行ったりと意外にやることが多く、少し間違うと全く動かない状況になるので、地味に大変な作業になります。

最初は苦労しますが、この準備ができると、その後のプログラミングは順調に進めていくことができます。

 
テックアカデミーでは、この工程をカリキュラムの中で経験することができるので、おすすめしたいポイントです。
一人では大変な作業ですが、メンターの助けも借りることで、後々の副業活動に役立つ貴重な体験となるでしょう。

料金のコスパがよい

テックアカデミーの料金体系は、入学金0円で、コース料金のみとなっています。
上述の通り、自分に必要なスキルに合わせてコースを選択できるので、無駄なく学習することができます。

また、本業の忙しさに合わせて、期間のプランも選択できるようになっています。(コースによって若干の違いあり)

  • 8週間:社会人209,000円、学生179,000円
  • 12週間プラン:社会人259,000円、学生209,000円
  • 16週間プラン:社会人309,000円、学生239,000円

 
1日あたりの値段に換算すると、8週間プランの社会人が466円、16週間プランの社会人が344円です。
一見すると高い金額のように思いますが、副業で稼げるようになると、半年程度で元がとれる値段かと思います。

テックアカデミーの注意すべきポイント

ここまで良い点ばかり紹介してきましたので、悪い点が気になっている方もいらっしゃると思います。
もちろん悪い点についても、エンジニア目線でみたときの注意点として、2つお伝えします。

  • スケジュールがタイトで学習量が多め
  • 初心者にはコースの選択が難しい

スケジュールがタイトで学習量が多め

カリキュラムの内容としては、教材を使った自己学習とアプリケーション制作がメインとなります。
その他に課題の提出やメンターとの面談も用意されています。

これらを8週間~16週間程度で実施していきます。
目安となる学習時間は、公式サイトでは以下のように設定されています。

  • 8週間プラン:20~25時間(1週間)
  • 12週間プラン:14~18時間(1週間)
  • 16週間プラン:10~13時間(1週間)

 
エンジニアの感覚としては、初心者が理解しながら進めるには、上記の2倍程度の時間がかかるのではと思います。
さらに、オリジナルアプリケーションの制作は、上述の環境準備も含めさらに時間がかかります。

ですから、16週プランであっても、土日の学習時間だけでは足りず、平日も時間を確保する必要があります。
対策としては、できる限りメンター制度をうまく活用して、理解を早める努力が必要になるでしょう。

初心者にはコースの選択が難しい

テックアカデミーは、目的に応じて様々なコースが用意されているのは良いのですが、初心者には返って分かりづらくなってしまっています。
それは、やりたいこと視点のコースではなく、技術視点のコースになってしまっているからであると思います。

どのジャンルの副業で稼ぎたいかが決まっている方は、上記の案件と必要スキルの関係性をコース選択の参考にしていだければと思います。

 
まだジャンルが決まっていない方は、最初に無料のメンタリングを活用してみるとよいです。

自分のこれまでの経験がどんなジャンルに向いていそうか、そのためにはどのコースを選択すべきかをメンターがアドバイスしてくれます。
それでも迷う場合は、無料体験でカリキュラムを見たり、メンターサポートを体験してみることをオススメします。

ちなみに公式サイトにオススメコース診断がありますが、なぜか32歳と33歳で分岐するアルゴリズムになっていて、行き着くゴールも微妙なので、こちらを信じることはおすすめしません(笑)。

まとめ

これから副業を始めたい方に、テックアカデミーをおすすめしたいポイントをまとめると以下の3点です。

  • 副業に直結する学習コースが用意されている
  • 一からオリジナルアプリケーションを作る工程が経験できる
  • 料金のコスパがよい

さらに今なら先割キャンペーンなど様々な割引制度が用意されているので、うまく活用してコスパを上げたいですね。

 

日本の副業人口は年々増加傾向にあり、2020年4月の調査では、409万人と推計されるそうです。(ランサーズ調査)

副業は行動するかしないかで1年後に大きく差がつきますよね。
本業が忙しいのは皆同じですが、それでもコツコツ続けられる人が副業で成果を上げられるのだと思います。
>> 副業におすすめテックアカデミーへのリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました