Rubyの最速HelloWorld

プログラミング
スポンサーリンク

プログラミングを学びたいけど、何から手を付けたら良いか分からない、準備が面倒で中々始められないという方はいないでしょうか。

本記事では、HelloWorldシリーズの第4回として、Rubyの最速HelloWorldを解説します。

これまでのJavaScript、Python、Javaの最速HelloWorldの各記事は、本記事の最後にリンクを貼っておきますので、興味がある方は合わせてご覧ください。

Rubyは、Pythonと並んで手軽に動作させることのできる言語です。

Macであれば初期状態でRubyがインストール済みかもしれません。

Windowsはインストールが必要になります。

必要なもの

  • Rubyの実行環境(Rubyのインストール)
  • コマンドプロンプト・ターミナル
  • エディタ

Rubyの最速HelloWorld

以下の手順で進めていきます。

①Rubyをインストールして実行環境を作成する
②エディタでHelloWorldのプログラミングをする
③コマンドプロンプト・ターミナルでプログラムを実行する

①Rubyをインストールして実行環境を作成する

RubyはMacOSであれば、標準でインストール済みかもしれません。

実際の開発では、別途インストールすることが多いですが、今回はインストール済みであればそれを利用して構わないと思います。

Windowsは標準ではインストールされていませんので、以下の手順でダウンロードしてインストールが必要になります。

RubyInstallerのサイトよりダウンロードします。

WITH DEVKITの最新バージョンで良いと思います。

また、x64とx86の2種類がありますが、Windowsが64ビットの場合はx64、32ビットの場合はx86を選択してください。

インストール画面では、特別な理由がなければ標準のまま進めていけば良いです。

②エディタでHelloWorldのプログラミングをする

エディタを新規に開いて、以下の内容をプログラミングします。

puts "Hello World!!"

たったの1行です。Rubyもこの手軽さが特徴といえます。

プログラムを書けたら、名前を付けてファイルを保存します。
ファイル名は、「HelloWorld.rb」とします。

③コマンドプロンプト・ターミナルでプログラムを実行する

Windowsの場合はコマンドプロンプト(もしくはPowerShell)、Macはターミナルを開きます。
そして、先程作成したプログラムを保存したディレクトリ(フォルダ)まで、cdコマンドで移動します。

プログラムを保存したディレクトリにたどり着いたら、以下のコマンドを入力して実行します。

ruby HelloWorld.rb

実行した後、続けて画面に「Hello World!!」と表示されれば、成功です。

プログラムの解説

今回は1行ですので、解説するほどでもないのですが、putsというRubyが標準で用意しているメソッドを使っています。

putsメソッドは画面(標準出力)に、引数で指定した文字列(改行付き)を表示するというメソッドです。

RubyはWebアプリケーション開発でよく使われる言語

Rubyは単体で使う言語としてもシンプルで書きやすいのですが、なんと言ってもRuby On Railsと組合せて、Webアプリケーション開発を行うのが一番良く使われるパターンです。

Webアプリケーション分野でのエンジニアを目指すのであれば、まずRubyから学習していくのも良いと思います。

今回はRubyの最速HelloWorldを紹介しました。

他の言語の最速HelloWorldも紹介していますので、興味があれば御覧ください。
他の言語との違いを見てみるのも面白いと思います。

JavaScriptの最速HelloWorld
プログラミングを学びたいけど、何から手を付けたら良いか分からない、準備が面倒で中々始められないという方はいないでしょうか。 本記事では、最も手軽にプログラミングを始められるJavaScriptを題材に、最初のプログラムとなるHelloWorldを作るまでを解説します。
Pythonの最速HelloWorld
プログラミングを学びたいけど、何から手を付けたら良いか分からない、準備が面倒で中々始められないという方はいないでしょうか。 本記事では、HelloWorldシリーズの第2回として、Pythonの最速HelloWorldを解説します。
Javaの最速HelloWorld
プログラミングを学びたいけど、何から手を付けたら良いか分からない、準備が面倒で中々始められないという方はいないでしょうか。 本記事では、HelloWorldシリーズの第3回として、Javaの最速HelloWorldを解説します。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました