プログラミング

プログラミング

Javaの絶対値(abs)の計算方法と注意点

値が0からどれだけ離れているかの距離を表す絶対値は、JavaではMathクラスのabsメソッドで求めることができます。 絶対値は数学では複素数における計算等に使われますが、Javaにおいても計算は出来るものの少し注意が必要な点もあります。 本記事では、Javaにおける絶対値の求め方と注意点について解説します。
プログラミング

Pythonのビット演算

ビット演算は、昔はメモリ領域の節約のために用いられる手法でしたが、最近ではメモリも潤沢にあるので、使う機会も減りました。 ですが、使いどころによっては様々な状態を表す演算として有用となりますので、いつでも使えるようにしておくことが望ましい機能です。 本記事では、Pythonにおけるビット演算について解説します。
プログラミング

JavaScriptのビット演算

ビット演算は、昔はメモリ領域の節約のために用いられる手法でしたが、最近ではメモリも潤沢にあるので、使う機会も減りました。 ですが、使いどころによっては様々な状態を表す演算として有用となりますので、いつでも使えるようにしておくことが望ましい機能です。 本記事では、JavaScriptにおけるビット演算について解説します。
スポンサーリンク
プログラミング

Goのビット演算

ビット演算は、昔はメモリ領域の節約のために用いられる手法でしたが、最近ではメモリも潤沢にあるので、使う機会も減りました。 ですが、使いどころによっては様々な状態を表す演算として有用となりますので、いつでも使えるようにしておくことが望ましい機能です。 本記事では、Goにおけるビット演算について解説します。
プログラミング

Rubyのパーセント記法で分かりやすいプログラムにする方法

プログラムはできるだけシンプルに分かりやすく記述することで、バグや認識違いを少なくすることができます。 Rubyのパーセント記法は、配列や正規表現の作成をシンプルに記述することができて、分かりやすいプログラムを作る手法の1つです。 本記事では、Rubyのパーセント記法について解説します。
プログラミング

Javaのビット演算

ビット演算は、昔はメモリ領域の節約のために用いられる手法でしたが、最近ではメモリも潤沢にあるので、使う機会も減りました。 ですが、使いどころによっては様々な状態を表す演算として有用となりますので、いつでも使えるようにしておくことが望ましい機能です。 本記事では、Javaにおけるビット演算について解説します。
プログラミング

PythonのPyYAMLを使ってYAMLデータを扱う方法

YAMLは設定ファイルや外部のAPIや他システムと連携する際のデータフォーマットとしてよく用いられるフォーマットです。 プログラム内では受け取ったYAMLデータをシステム内に取り込んだり、ファイルなどへ出力したりするなどのYAMLデータの操作を行います。 本記事では、PythonのPyYAMLを使ってYAMLデータを扱う方法についてまとめます。
プログラミング

JavaScriptのスプレッド構文でプログラムをシンプルにする方法

プログラムはできるだけシンプルに分かりやすく記述することで、バグや認識違いを少なくすることができます。 JavaScriptのスプレッド構文は、配列やオブジェクトの展開をシンプルに記述することができて、独自実装によるバグを少なくできる手法の1つです。 本記事では、JavaScriptのスプレッド構文について解説します。
プログラミング

GoのYAML操作

YAMLは設定ファイルや外部のAPIや他システムと連携する際のデータフォーマットとしてよく用いられるフォーマットです。 プログラム内では受け取ったYAMLデータをシステム内に取り込んだり、出力したりするなどのYAMLデータの操作を行います。 本記事では、GoにおけるYAMLデータの操作についてまとめます。
プログラミング

Rubyのyield文

プログラムはできるだけシンプルに分かりやすく記述することで、バグや認識違いを少なくすることができます。 Rubyのyield文は、メソッドへ処理を渡す記述をシンプルに記述することが出来る手法の1つです。 本記事では、Rubyのyield文について解説します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました